ストレートネック案内

歌を歌うと首が痛くなるのは何故?

歌手やカラオケなど歌を歌うと首の後ろが痛くなる方がよくいらっしゃいます。また、大きな声を張り上げることを頻繁に行っている方も首の痛みが起こることがあります。「口を開ける」という動作は、顎を下に下げているだけでなく同時に頭を上へ上げる動作でもあります。(オペラのような発声の場合は別ですが) 原因 声を出す(歌を歌う)=上を向く ということになります。特に極端に上を向くわけではないのですが、一曲4~5分の歌を何曲も歌うと上向き動作は相当な数になってきます。これは反復性ストレス障害(同じ動作を何度も反復することによって組織にダメージ起こる障害)によるものです。 単に「力んでいるから」という場合もあるでしょうが、まったく首に力みがなくても、上向き姿勢では首の後ろにダメージが蓄積されて痛みがでることがあります。 上を向く姿勢というのは頚椎の5番~7番に大きな負担がかかってきます。同時に神経の通り道も狭くなりますので、人によっては手のしびれまで起こることがあります。↓ …

継続する歌を歌うと首が痛くなるのは何故?

横隔膜を鍛える

横隔膜を鍛えることにより、腹式呼吸がよりしやすくなったり、体幹が安定し体の軸がぶれにくくなり姿勢(猫背やストレートネックなど)の改善にもつながります。 また、首や肩回りの筋肉(斜角筋、胸鎖乳突筋、肩甲挙筋)と拮抗して作用するのでそれらの筋緊張の緩和にも役立ったり、食道裂孔という食道が通る穴も鍛えられるので逆流性食道炎(外部サイト)の改善にも役立ちます。 腹式呼吸の練習がやりずらい方は、横隔膜が極端に弱くなっている可能性もあるのでまずは筋力アップをしてみましょう。 関連 → 腹式呼吸で使う筋肉(インナーユニット) 横隔膜の鍛え方 …

継続する横隔膜を鍛える

口すぼめ呼吸

口すぼめ呼吸は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者さんが無意識にまたは、呼吸リハビリの一環として意図的に行う呼吸法です。 しかし、決してCOPDの患者さんだけのものではなく、その他の方でも口すぼめ呼吸を行うことによって息が吐きやすくなります。ですので、ストレスや過緊張が原因で呼吸が浅く、肩に力が入ってしまう人(肩こりや首の痛み、手のしびれにつながります)、姿勢(猫背やストレートネック)の矯正にも役立ちます。 口すぼめ呼吸の方法 方法 鼻から息を吸って、吸い終わったら今度は、口をすぼめてゆっくりと息を吐きます。このときゆっくりと吐きます。勢いよくは行わないでください。 …

継続する口すぼめ呼吸

体を安定させる筋肉

腹式呼吸や綺麗な姿勢を保つために必要な筋肉についてご説明します。 体幹が安定し、正しい姿勢を取るためには腹部内圧を高めるコア(インナーユニット)が安定している必要があります。これは、ストレートネックや首の痛み、手のしびれがある場合も同じです。 インナーユニットとは、横隔膜(おうかくまく)、腹横筋(ふくおうきん)、多裂筋(たれつきん)、骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)の4つの筋肉をさします。 コアとは「核」のことで広義では、深層筋(深部にある筋肉)を意味しますが、狭義では上記のインナーユニットと同じ4つの筋肉を意味します。 腹式呼吸とインナーユニット …

継続する体を安定させる筋肉

うつむき姿勢になることが多い現代人は ストレートネックになりやすい

ストレートネックとは… 頚椎の生理的前弯角度 30度以下の首の状態をいいます。※首がまっすぐに歪んだ状態を示す言葉ですので、病名ではありません。 正常な人の首の前弯角度は… 30~40度です。 慢性的な頭痛・首の痛み・肩こりに悩む人の多くはこの角度が少なく、病院でレントゲンやMRIを撮ると正常よりも首がまっすぐですね。という説明を受けることになります。(生理的な頚椎前弯の消失) 整形外科では… …

継続するうつむき姿勢になることが多い現代人は ストレートネックになりやすい

頭部前方偏位を引き起こす上位交差症候群

スマートフォン使用時の不良姿勢やパソコン作業時の不良姿勢などにより、近年、頭が前に突き出る不良姿勢の人(フォワードヘッドポスチャー)が爆発的に増えてきました。それに伴い、ストレートネックや頭頚部を中心とした体の不調を訴える人も増えてきており、社会問題となっています。 頭部前方偏位(FHP:Forward head posture) 頭部前方偏位とは、頭が正常な位置よりも前に出ている姿勢(頭部前方突出姿勢:FHP:Forward …

継続する頭部前方偏位を引き起こす上位交差症候群

ストレスで手がしびれる

嫌なことが続いたり、精神的なショックを受けたりなど、ストレスを受けると手がしびれる場合があります。 しびれが起こる主な原因は、末梢血管の血流が悪くなっ場合(両手)と過呼吸による場合(両手)と神経が圧迫された場合(片手:右手or左手)があります。 両手がしびれる場合 自律神経による場合 ストレスを受けたときに両手がしびれる場合があります。これは主に手の末梢血管の血行不良によるものと考えられます。 …

継続するストレスで手がしびれる

入浴中の手のしびれ!

入浴中に手のしびれを感じたらどうしたらよい? CTスキャン MRL検査 湯船につかっていると手がしびれてきたり、肩こりが強くなってくる場合、または、手のこわばりが強くなってくる場合があります。そのような症状が頻繁に現われるようでしたら、まずは脳神経外科などでCTスキャンやMRIを撮ってみましょう。 CTスキャンは放射線を利用して画像を連続撮影したものです。検査時間が短くすみ手軽に検査ができますが脳の詳細な部分までは診ることができません。MRIは磁場を利用したもので小さな脳梗塞まで写すことができ画像も立体的で鮮明です。しかし、撮影時間は長く狭く暗いところにじっとしていなくてはならず、撮影時かなり大きな音がするので不快感を覚えることがあります。 血液検査、その他 …

継続する入浴中の手のしびれ!

腹式呼吸の方法

腹式呼吸の方法には、 歌や発声、 ヨガや瞑想、 健康増進〔リラックス、自律神経安定、体幹トレーニング、COPD(慢性閉塞性肺疾患)など〕など、その目的によっていくつもの方法があります。 ここで紹介する腹式呼吸は主に、③健康増進 特に、ストレートネック、首の痛み、手のしびれ、胸郭出口症候群、体幹トレーニングに役立つ方法です。 …

継続する腹式呼吸の方法

スマホ首、テキストネック(text-neck)

スマホ首とは、スマートフォンを使用しているときの首の形をいいます。頭を下に傾けて首を屈曲している状態です。 この姿勢を長期間反復的に行われることによって、頭部前方偏位が起こり、首の痛みをはじめとし様々な症状が体に起こってきます。 原因 スマホ首は反復性ストレス障害(repetitive stress …

継続するスマホ首、テキストネック(text-neck)